2020年03月20日

暖かな日和

咲き始めの桜の木の近くでウグイスが鳴いている。
鳴き声の方を探してみるが姿が見えない。
望遠レンズで覗いてみると、 いました!
_T8A5835.jpg
なんとも動きが早い、小さな鳥。
時折、喉を震わせて鳴いている。
枝から枝をピョンピョンピョンと。
画面の真中付近に写っている鳥がわかりますでしょうか?

ウグイスを見つけるのは大変。
いつも探してもわからないことが多い。
でも今日は姿を見ることができた。

桜は、暖かな日和でも一気には開かない。
幹に咲くこの桜はもうすぐ満開ですが、見上げる木では
まだつぼみがほとんど。
0320-01.jpg
なんて書いてあるか読めますか?

幹に咲く桜の花。
半逆光のやわらかな光が照らしている。
でも、通りゆく人はだれも見てくれない。

と記してあります。

竹林のところでは桜の木と思ったのですが、ハナモモの木でした。
まだつぼみが多いですが。
0320-02.jpg

今日は春分の日。
朝からお墓参りの車でしょうか? 
高速道はいつもより多くの車が走っています。

今日の暖かな日和が春の花を開かせることでしょう。



posted by しんちゃん at 10:29| Comment(0) | 気候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

さくら咲く

桜が咲き始めました。
太い桜の木でよく見るとたった1輪。
「初花」というのだそうです。
_T8A5570.jpg

こんな中に咲いていました。
_T8A5598.jpg

さまざまな花たちが春の訪れを告げています。
_T8A5728.jpg

_T8A5724.jpg

ハクモクレンは風に揺れて
_T8A5649.jpg

少し歩くと民家の近くでは
_T8A5723.jpg

_T8A5689.jpg

咲き始めた桜も冷たい風では可愛そう。
春は試練を与えながら育ってゆくのですね。







posted by しんちゃん at 17:59| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

梅の花

東京都八王子市にある高尾梅郷。
満開の花も盛りを過ぎて来ましたが、昨日は好天。
0312-1.jpg

0312-2.jpg

昼にかかる時刻、柔らかな風が梅園の花たちを揺らしはじめました。
時折強く吹く風で、青空に花吹雪が舞います。
0312-3.jpg

「花吹雪」とは、雪が吹雪いているように花が舞い散る
さまを言いますが、通常は桜の花。 
でも梅の花でも同じように花吹雪になります。

残念なことに桜より花びらが小さい梅の花は見栄えがしない。
それでも花吹雪になったときには感動を覚えます。

この地を訪れる人は、スギ花粉が多く飛ぶ地域ですので花粉症には気をつけてください。
周りの山には杉の木がいっぱいあります。
でも、今年は冬が暖かかったので早くから飛び散り、目の前の杉林を見ると赤いスギ花粉がだいぶ少なくなってはいますが、まだ油断してはいけません。



東京の桜開花予想では、今日か明日には桜の開花宣言が
出されるような気配ですが、まだ3月半ば。
ちょっと早すぎる春の訪れに戸惑いを覚えてしまいます。




posted by しんちゃん at 10:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

日本風景写真家協会のHP

私が所属している日本風景写真家協会のHPでは、TOPページに会員が1週間ずつ交代で写真を掲載しています。
3月1日から3月7日まで私が担当しています。
No1.jpg
テーマは「春の音色 Spring tone」

1枚めに掲載の写真は上の写真。
土筆(つくし)が桜を背景にして伸びゆく姿です。

10枚掲載していますので、春の音色を感じ取っていただければ幸いです。
昨年の撮影。

下記からご覧ください。
クリックしていただければご覧になれます。




posted by しんちゃん at 14:33| Comment(0) | HP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

ブログのヘッダを変更しました

日曜日からは弥生 3月です。
暖冬のせいか桜も早く咲く予報が出ています。

ブログのヘッダーを変更しました。
2020-03.jpg
菜の花咲く川と桜並木(滋賀県)


このところコロナウイルスの話題で日本中パニックです。
少しでも気分を明るくしようと、春を代表する菜の花と桜の写真にしました。

♪♪♪ 春の小川はさらさら行くよ・・・

文部省唱歌「春の小川」ですが、

♪♪♪ 春の小川はさらさら流る・・・ との歌詞もある。

どちらが正しいのか?
私は、春の小川はさらさら行くよ   と覚えていました。


どちらにせよ春の小川はさらさらと優しげな音を立てて流れるのですね。
そんな川の音を聞いてみたくなります。


追記: 「春の小川」は1912年に発表された文部省唱歌。
     1942年版の歌詞、1947年版の歌詞とがあるとのことです。








ラベル:童謡 春の小川
posted by しんちゃん at 14:18| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする