2018年08月07日

立秋

001.jpg

朝窓を開けると涼しい風が吹いていた。
やっとクーラーの風から自然の風へと変えられる。
しかも雨。
水不足から解消される植物たち。
でも、この雨は台風からの雨。
また、台風が北上している。

天候異変、まだまだ続く今年の夏。

今日は立秋。
暦の上では秋が始まる。

私の故郷では8月7日は「お墓参り」。
子供の頃、前の日にはよく花を採りに山へ出かけた。
「お墓参り」とお盆の時には恒例となっていて、鎌
を持って共有地の草刈り場へと。
もちろん花採りは子供の仕事。
夏草が伸びる草地にはさまざまな花が咲いていた。
でも、いちばん先に採るのは桔梗の花。
お墓参りやお盆には欠かせない花でした。
ススキの生える場所にはよくあった。
鎌で切り、採った花を手で抱える。
持ちきれなくなると自分の籠や筵を置いた場所まで置きにゆく。
そこには梅干しの入ったお弁当も置いていた。
お弁当の箸を忘れたときには木の小枝や茅の茎で箸を作って食べた。
今では考えられない時代であった。

そんなことがふと思い出された朝。
立秋、今日から残暑見舞いになるのですね。








続きを読む
【関連する記事】
posted by しんちゃん at 12:13| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

日本風景写真家協会展「日本の美しい秘境」

私が所属する日本風景写真家協会では、
写真集「日本の美しい秘境」が出版されます。
同時に写真展も開催いたします。
下記に詳細を掲載しておりますのでご覧ください。
協会展案内ハガキ  ブログ用.jpg

日本風景写真家協会写真展『日本の美しい秘境』
会期 : 8月31日(金)〜9月6日(木)
時間 : 10:00〜18:00 (土・日・最終日は17時まで)
会場 : ギャラリー・アートグラフ
場所 : 東京都中央区銀座2-19-14 銀座ビル1F 写真弘社内
    http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php

※9月2日(日)にはギャラリー・アートグラフ2Fにて有料セミナー
※写真集「日本の美しい秘境」(パイインターナショナル9月上旬発売)

日本風景写真家協会は創設1991年のプロの写真家団体。今回、写真集「日本の美しい秘境」(パイインターナショナル)を出版することになり、写真集と同タイトルの「日本の美しい秘境」展を開催いたします。ドローンで撮影した茨城県袋田の滝夜景や雲海に浮かぶ奈良県大台ケ原大舵ー、北海道豊頃町の朝日に輝くジュエリーアイスなど全国各地の四季折々の風景写真を展示。カラー全紙と半切38点。
8月31日にはオープニングパーティー、9月2日にはセミナーを開催、ギャラリートークも連日開催致します。詳細は日本風景写真家協会ホームページにてご覧ください。参加予約受付中。




posted by しんちゃん at 07:00| Comment(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

台風12号

台風が過ぎ去った東京。
変化の激しい空は晴れたり、雨が降ったりと忙しい。
_C3A0192.jpg

西日本にお住まいの皆様、今後の台風の動きにご注意くださいませ。
被害が出ませんようお祈り申し上げます。

台風12号の進路は異常です。
こんなにも地球環境がおかしくなっているのは脅威です。
長年住んでいて何にもなかった地域が突然災害に遭う。
信じられない光景です。

豪雨災害で被災された皆様、どうぞご自愛なされますように。





posted by しんちゃん at 11:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

ブログヘッダ変更しました

暑い暑いと言いながらも7月もあと5日。
ブログのヘッダの画像を変更しました。
魔女の瞳.jpg

一瞬この写真はなに! 
海ではないし、正解は山の沼です。
福島県の一切経山にある五色沼。
「魔女の瞳」と呼ばれ、コバルトブルーの色調を持つ。

一切経山の山頂から見ていると霧が立ち込めてきて、
沼を半分だけ白く覆いました。

ご覧いただいてちょっとは涼しくなりましたでしょうか?

8月も暑い予想が出ています。
台風の発生も気になりますね。



posted by しんちゃん at 13:53| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

白虹

晴れゆく霧の中に白い虹が見えました。
気象用語では、白虹(しろにじ)または霧虹(きりにじ)と呼ぶようです。
白虹.jpg

この現象を見たのは7月15日。
群馬県の野反湖でのことでした。

朝、霧が動いて一気になくなってゆく中、ほんとうに一瞬だけ見ることができた白い虹。
ネットでは、”白い虹を見ると地震が起きる” などと心配する記述もあるようですが、
それが正しいのかどうかはわかりません。

風景写真を撮影してから長い年月自然を見ている私でも、この白い虹は数回しか見ていません。
レインボーと呼ばれる七色の虹はよく見るのですが、白い虹は霧があるときにしか見られないようです。
夜、滝の周辺でも同じように白い虹がかかることがあるようですが、昼間と同じように滝の水しぶきで霧状になった空気に満月のような明るい光が射してできると聞きます。
私も一度は見てみたい夜の白虹。
興味のある方はネットでお調べください。

さまざまな自然現象の中で人は生きている。
人間だけが特別な存在ではないことを常に心に留め置き、日々過ごしていかないといけませんね。



posted by しんちゃん at 15:52| Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする