2019年02月08日

読売新聞多摩版に掲載

今朝の朝刊、読売新聞多摩版に掲載されました。
昨日の多摩川の朝もやの写真です。

読売新聞多摩版20190208.jpg

記事をご覧になりたい方はこちらを
読売新聞記事.jpg

全体のページ誌面は
読売新聞 多摩版.jpg

真ん中に掲載されております。

中央線の列車が朝もやの中から飛び出るように見える条件は、とても珍しいのです。
まるで川の上が雲海のようでした。

多摩版は東京の西部地域に配布する地域ページですので、この地域にお住まいの方しかご覧いただけないと思いますがお読みいただければ幸いです。

posted by しんちゃん at 09:59| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

多摩川の靄

昨日の雨が影響したのでしょうか?
今朝は多摩川が靄で覆われました。
多摩川5.jpg
↑多摩都市モノレールと中央線

多摩川3.jpg
↑ 靄の中から出てきた中央線の列車

多摩川6.jpg
↑ 幻想的な靄
多摩川2.jpg
↑ 朝日を浴びて立ち昇る靄

多摩川の河川敷で、今年初めてキジが鳴く声を聞きました。
二十四節気では小寒の頃、七十二候では
「雉始雊」 きじはじめてなく とあります。

でも七十二候よりこの辺りでは、毎年一週間ほど遅れてキジの鳴く声を聞くのですが、今年は例年より少し遅れているのかな?
それとも私が朝、外に出るのが少ないために聞いていないのかもしれません。

今朝初めて聞くキジの鳴く声。
春を感じてキジは泣き始めるのですね。



posted by しんちゃん at 10:28| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

立春に感じて

昨日は立春。
暦の上では春になりました。

昨日の朝は、暖かな朝日が街を色彩豊かに包んでいました。
朝の道を散歩する人はシルエットになって見えます。
2.jpg
多摩川の堤防の上にある道は、光の線が伸びてゆく。
この光だけ見ていると春を少し感じてきます。
でも、まだまだ春はそう簡単には来ないのです。
1.jpg

あたたかき光はあれど野に満つる香(かおり)も知らず
浅くのみ春は霞みて 麦の色わずかに青し・・・
(島崎藤村「千曲川旅情の歌」)

長野県の千曲川では、この詩のような風景は3月下旬。
私が生まれ育った千曲川上流の地では、立春の頃は本当に寒かった。
家の中でビール瓶が凍って破裂するほどです。
その寒さの中でも、千曲川に行ってカジカ(鰍)捕りをしていた。
鼻水を垂らして、それでも風邪もひかずに暮らしていたのが、今思うと不思議なくらいです。

東京へ出てきて、もう47年。
立春になると、そんなふるさとが懐かしく感じてきます。
あの故郷へかえろかな〜 と歌ではあるけれど、寒いところはもう嫌ですね。

2月になると天気予報などで、「光の春」という言葉を使っていますね。
春は光から始まるのでしょうか?
小さなことから春を感じていきたいこの季節です。




posted by しんちゃん at 12:03| Comment(0) | 気候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

雪の落下

木.jpg
雪が降って太陽の光に照らされると、
木々の枝から雪が落ちる。
サーと音もなく。
逆光の太陽がそんな雪を照らしだす。
流れる雪の光の線は落ちてすぐに消えてしまう。
今度はいつ落ちるだろうか?
待つ 待つ 待つ・・・
なかなか落ちてくれない。

待って見ている木ではない他の木の枝からは落ちているのに・・。
意地悪だな〜
そんな言葉を投げかけると、急に一筋の白い雪の線が流れ落ちた。
光に照らされて白く輝く雪の流れ。
太陽の光はすごいね。




posted by しんちゃん at 11:05| Comment(0) | 雪景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ブログのヘッダーを変更しました

早いもので今日で1月は終了。
明日からは如月(きさらぎ)
寒さも一段と厳しくなり、春はまだまだ。
そんな季節ですので、ブログのヘッダーも寒そうな写真となりました。
川.jpg
雪の信濃川(新潟県)

冬の川は音がしない。
いや聞こえないといった方が正しいのかもしれない。
雪が川の音を吸収してしまうのかも知れない?

冬の川は無口だ。
ただただ流れゆく。
人の気配もなく、静かな中に川面は緩やかな白い波頭の線を引いてゆく。
ただ見ていると違う世界に迷い込んだみたいで、ちょっと不安を覚えるが、これが冬の川の自然な姿。
そんな季節をやさしく見ていたいのだが、また雪が降る。
こんこんこんと。

雪国の人が春を待つ気持ちがよくわかる。
早く川の瀬音を聞きたいのです。
2月4日は立春。
暦の上では春になるのになぁ〜。




posted by しんちゃん at 14:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする