2017年04月22日

キジ

最上川の堤防を歩いていると、雉(キジ)を発見。
よく見るとオスの近くにはメスのキジが
いて、忙しく動き回っています。

なかなか近付くのは難しい。
そこで来そうな所で待っていると、やっと望遠レンズで捉えられる距離にやって来た。しかもオスのキジだけ。
時々立ち止まる。周囲を見回してから鳴きます。

今回は、デジタルカメラのモニターをスマホで撮ってみました。少し画面を拡大してトリミングしています。
DSC_0086-400x300.JPG

DSC_0082-400x300.JPG

DSC_0084-400x300.JPG

これなんかは、
まるで野球の塁審。  セーフ❗
DSC_0083-400x300.JPG

ふだん鳥は撮影しません。
キジだけは何度かトライしてみましたが、こんなに大きく撮影できたのは初めてでした。



続きを読む
posted by しんちゃん at 11:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

大晦日2016

2016年の大晦日を迎えました。

本年は大変お世話になりました。

皆様のおかげでブログを続けることができました。

今年撮影した最後の写真です。
多摩川には多くのシラサギがいます。
朝日が昇るころ、さまざまな鳥たちの姿を見ることができます。

20161231.jpg

20161231-2.jpg

20161231-3.jpg

2017年もブログで 「季節の便り」 をお伝えして参りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。






posted by しんちゃん at 10:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

佇むシラサギ

日の出前の東の空は華やかなオレンジ色に染まっていたが、
まだ暗い光の多摩川を見ると、川面に姿を映すシラサギが
佇んでいました。 たった一羽でじ〜としている。
シラサギ.jpg
青白い水面の色が印象的で、雰囲気からして寂しそうに感じられます。

朝の時間帯は群れで過ごし、餌を探して動き始めるのをいつも見て
いるので余計に気になります。

東の方面に見える風景は対照的にきらびやかです。
新宿の高層ビル群の左にはスカイツリーが見えています。
新宿高層ビル群.jpg

画像を編集ソフトで変えてみると
新宿高層ビル群イメージ.jpg

冷たい朝の空気感が和らいできます。

日の出を過ぎて多摩川の川面に目をやると、どこからともなくやってきた
シラサギの群れがいます。

一羽で佇んでいたシラサギがどの鳥なのか? わからなくなっています。
あ〜よかった。  ひとりぼっちはさみしく見えるもんね。




タグ:多摩川
posted by しんちゃん at 15:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

キジ

多摩川の河川敷からキジの鳴き声がします。
今朝はいつもより激しく鳴いているようなので
望遠レンズでのぞいてみると、いました いました。
キジ.jpg
繁殖期のオスは赤い肉腫が目立つといいます。
時折、「ケーン ケーン」と鳴いてからすぐに両羽を
広げて震えるような動作をします。

「ケーン」と大きく鳴くのは縄張り宣言だとか。
そういえば今朝は4ヶ所くらいから鳴き声が聞こえてきます。

キジがゆっくりと動き始めると、なにやら周囲を動くものが。
茶色でよく見えなかったのですが、メスのようです。
キジ2.jpg
 どうやら つがいでいたようです。

キジは日本の国鳥。
東京都ではレッドリストに指定している鳥。 
この辺りでは、準絶滅危惧種になっているようです。

私が小学生のころ、林の近くでキジが飛び立ち、草むらを見ると
巣の中に大きな卵があったのを見た記憶がよみがえりました。
きっとこのつがいの鳥もこれから巣作りをしてヒナを育てていくのでしょうね。

早起きは三文の得。  
今朝はめずらしいキジの姿を見ることができました。






posted by しんちゃん at 07:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

浅川のシラサギ

浅川は、東京都八王子市、日野市を流れる一級河川で、
多摩川の支流のひとつです。

季節が冬型になると富士山がよく見えて、堤防の道を歩くのが
楽しいところです。                          日野市よりの風景
04.jpg

川のゆるやかな水辺では、シラサギが多く見られます。
01.jpg

見ていると突如一羽のシラサギがもう一羽を追いかけはじめたのです。
自分の縄張りを主張しているのでしょうか?
02.jpg

05.jpg

自然界の厳しい掟なのでしょうか?
追いかけられた一羽のシラサギは群れから少し離れたところで餌を探し始めています。

川は広いのだからもっとのんびりとできないのでしょうか?
いやいやそんな悠長なことでは自然界では暮らしてゆけませんよ。
なんだかどこかの世界と同じようですね。


シラサギは白いサギ類の総称。  
シラサギにはダイサギ、チュウサギ、コサギ、カラシラサギなどがいるようです。

03.jpg

流れゆく川の色彩も冷たい色になりました。





posted by しんちゃん at 09:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ウグイス

ウグイスを見たことがありますか?
春になるとどこでも聞かれる素敵な泣き声の鳥。
誰でも知っている鶯。
しかし警戒心の強い鳥で姿を近くではっきりと見ることが少ない。
藪の中で泣き、探してもよくわからない。
飛び立っていく鳥を見てあれがウグイスかな? といつも
どんな鳥なのかわからずにいる。
双眼鏡でも持っていけば見つかるだろうにと・・・。
今回、九州大分県の久住高原で望遠レンズで見つけた。
最初はこの鳥でいいのか疑問でしたが、泣き声を発した時に
喉と尾がいっしょに震えてウグイスの声があたりに響いた。
間違いない。 ウグイスです。
鳥の撮影をされている方には笑われそうだけど私は初めて見たのです。
jpg-
351.jpg

拡大してみると
jpg-350.jpg

ウグイスは緑がかっていると思っている人は、メジロと間違って
いるようですね。
この季節でも高原のあちこちでは美しい音色のウグイスの
声を聞くことができますね。
時には双眼鏡や望遠鏡で野鳥を観察するのも楽しいかも?
タグ: ウグイス
posted by しんちゃん at 23:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする