2020年08月01日

じゃらん9月号

関西中国・四国 じゃらん9月号。
(7月31日発売 リクルート発行)
        定価490円

「今こそ、癒やしの絶景へ」特集
風景写真家が選ぶ、My Best 涼絶景 で、
私の写真は、大門坂(熊野古道)を掲載していただきました。
じゃらん9月号.jpg

他には、大先輩の森田敏隆さんと日本風景写真家協会会員の仲間、高橋智裕さんの写真が掲載されています。
夏の涼を求めての企画とのこと。
南紀は昨日梅雨明けしたようですので参考になるかもしれません。

やっと長い梅雨が終わり、夏の青空が見えてきました。
長雨で野菜は高騰し、さまざまなことで今年は異常な夏です。

新型コロナなど、例年のようには過ごせない今年の夏。
今日から8月。
朝から青空がのぞいている東京。
やはり太陽の光はすごい!景色が違って見えます。
早くコロナが収束して、今日の青空のようにさわやかに過ごしたいですね。

青空.jpg



posted by しんちゃん at 10:20| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

Youtubeで見た私の写真

Youtubeで音楽を聴く事がよくあります。
Youtubeは、昔のなつかしい歌を聴くことができ楽しんでいます。

昨日、何気なく選曲の画面を見ていると、見覚えある風景写真を見つけました。
Youtube 1.jpg

明日への扉ーI WiSH(川嶋あい)

聴いたことのある歌声が流れる画面にこの写真が。

私の写真のロッカーから同じ時に撮影した写真の原板を見つけて照合すると、間違いなく私の写真でした。
4×5のポジフイルムでの撮影です。
月山弥陀ヶ原.jpg

この写真は、月山弥陀ヶ原湿原の木道。
登りゆく木道の上には白い雲。
夏にしか出会えない風景です。

Youtubeではモノクロで、歌のイメージに合わせて手前から全景へと歌詞に沿って映し出されています。
静止画をうまく動きのある画面にしています。

興味のある方は下記よりご覧ください。



もちろん写真使用料は戴いてある写真です。
ご使用いただきありがとうございます。

2枚.jpg



posted by しんちゃん at 17:10| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

週刊ポスト4.24号

週刊ポスト 小学館発行4月24日号が、
13日(月)に発売されました。

最終ページ「二度と撮れないニッポンの絶景」で
新潟県 福島潟の菜の花畑が掲載されました。


IMG_20200415_0001.jpg

”神々しい霧のベールに覆われた福島潟の菜の花畑”
2017年4月撮影の写真です。

どうぞ御高覧ください。




posted by しんちゃん at 15:45| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

デジタルカメラマガジン1月号

デジタルカメラマガジン 2020年1月号が
発売中です。
デジタルカメラマガジン1月号.jpg
税込 1,100円

【総力大特集】
何度でも行きたくなる超絶景

私のは 長野県「志賀高原」 2ページ掲載。


私は、志賀高原にはよく撮影に行きます。
ここから見る雄大な風景が好きだからです。
北アルプスや北信越の山々、横手山や笠岳もいいし、湖沼があり草地に咲く花もきれい。
四季を通じて魅力を感じる高原風景。
この地を取り上げていただいて編集部の方々に感謝いたします。

今年もあと4日。
本年も、ブログをお読みいただきまして感謝申し上げます。
大晦日までブログの投稿をしますので、よろしくお願いいたします。



posted by しんちゃん at 14:16| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

よみうり写真大賞

昨日の朝刊、東京都多摩版で「よみうり写真大賞」
年間審査4人入賞の記事が掲載されました。
読売新聞.jpg
私は佳作ですが誌面に掲載していただきました。

読売新聞の「よみうり写真大賞」は、年間の賞です。
ニュース写真で1年間の審査を行い決まります。
特にニュースフォト部門は、事件事故や災害などニュース性の高い写真が選ばれます。

私のは、多摩川に霧が立ち込める風景、そんなおだやかな写真ですから選ばれることが奇跡です。

今年は3回写真が掲載された読売新聞多摩版。
本当は、新聞紙面も常におだやかな写真が掲載される社会だといいのですが。


posted by しんちゃん at 07:03| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

家庭画報11月号

家庭画報11月号は本日発売。
(世界文化社刊)
家庭画報2019−9月号.jpg

35ページから始まる、「瑞穂の国、和える色」で
36ページ〜37ページは見開きで朝焼けの富士山。
大きく私の写真を掲載していただきました。

相変わらずこの月刊誌は紙質と印刷が豪華。
写真も当然きれいに掲載されます。
特別定価 1,400円とあります。
別冊付録がついています。

今日から消費税は10%。
特別定価1,400円(本体1,273円)と本の値段には
印刷されていますので消費税込かな?

ご覧いただければ幸いです。


posted by しんちゃん at 09:19| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

デジタルカメラマガジン9月号

写真月刊誌「デジタルカメラマガジン」9月号が20日発売となります。
デジタルカメラマガジン9月号.jpg

特集1  駐車場から徒歩10分で行ける絶景ガイド

発行所:株式会社インプレス
定価 1,080円(税込)

これだけ豊富な内容でこの価格。
新製品のカメラやレンズ、画像処理などとても参考になる本です。
今回、特集1で私も3点掲載していただきました。

新しい感覚の写真家がどんどんと出てきます。
今月号表紙の写真家は、1990年生まれの方です。

時代は変わる。
デジタル写真は特に変動が加速していて、経験は関係ないですね。
これから先、どうなるのでしょうか?
そんなことを考えながら届いた掲載誌をめくっています。




posted by しんちゃん at 16:51| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

デジタルカメラマガジン4月号

本日発売の「デジタルカメラマガジン4月号」インプレス社発行。
桜の絶景【遅咲編】が掲載されています。
08「八ヶ岳牧場」山梨県で私の写真と記事を紹介させていただきました。
デジタルカメラマガジン4月号.jpg

豊富な内容の写真月刊誌。
1,080円で満載の情報がご覧になれます。
桜の撮影前に、ご参考になられることをお勧めします。
書店等でのご購入をお願いいたします。


posted by しんちゃん at 15:13| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

読売新聞多摩版に掲載

今朝の朝刊、読売新聞多摩版に掲載されました。
昨日の多摩川の朝もやの写真です。

読売新聞多摩版20190208.jpg

記事をご覧になりたい方はこちらを
読売新聞記事.jpg

全体のページ誌面は
読売新聞 多摩版.jpg

真ん中に掲載されております。

中央線の列車が朝もやの中から飛び出るように見える条件は、とても珍しいのです。
まるで川の上が雲海のようでした。

多摩版は東京の西部地域に配布する地域ページですので、この地域にお住まいの方しかご覧いただけないと思いますがお読みいただければ幸いです。

posted by しんちゃん at 09:59| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

デジタルカメラマガジン2018年12月号

本日発売のデジタルカメラマガジン12月号
インプレス社 定価1000円+税

デジタルカメラマガジン12月号.jpg

自然の光をクリアに取り込む第2世代の広角ズーム
タムロンSP15-30mmF/2.8 Di VC USD G2

発売日10月12日(キャノン用) のレンズテストを行いました。
その写真と記事が200ページ201ページに掲載されています。
タムロンレンズ.jpg
前玉が飛び出たレンズですが、使い心地はいい。

デジタルカメラマガジン12月号の詳しい内容は、
下記からご覧ください。


内容豊富な写真の月刊誌です。
書店等でお求めいただき、撮影の参考になさってください。










posted by しんちゃん at 10:00| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

風景写真2018年7-8月号

隔月刊の写真誌 「風景写真7-8月号」
 発行:風景写真出版 6月20日発売
 定価 2,050円(税込)
風景写真2018-7-8月号.jpg

表紙に写真を使用していただきました。
ギャラリーにも1点、ともに小笠原母島での撮影。

表紙の写真は、小笠原母島の乳房山(462.6m)
山頂展望台より東崎を入れて撮影したものです。

ご覧いただくとわかるかもしれませんが、水平線から
立ち上がる入道雲。
海から上昇気流がたち、入道雲を作り出してゆく
気象条件が写っています。
こんなにはっきりと見えることは珍しい。
どんどんと入道雲が発生してゆく仕組みが見えるのです。

海の色は、青くて深いボニンブルーと呼ばれる色。
乳房山山頂からは母島を包む海がとても美しい。
展望は島全体の景色までも見渡せ、2時間かけて
山に登ってきた疲れを吹き飛ばしてくれました。
夏の小笠原の海。
沖縄と違う海の色に出会える楽しみがあるのですが、
東京から南に約1000km。
船でしか行けません。
船で父島まで24時間、母島へはさらに乗り継いで2時間。
台風が来れば大変。
でも、一度は訪れたい場所ですね。

本の購入は、
 風景写真オンラインshop

 アマゾンなどでも購入できます。


posted by しんちゃん at 10:23| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

風景写真5・6月号 2018

「風景写真」5−6月号 隔月刊
 (株)風景写真出版  発行

巻頭特集 【春から梅雨】は萌の季節

風景写真5−6月号.jpg

私の写真2点が見開きで大きく掲載されました。
さすがに見開きでの掲載は迫力があります。
 横 約430mm×縦 約297mm
A3サイズに近いサイズです。

この大きさになると、写真の内容は細部まで表現されて写真から伝わるメッセージがよく理解できます。
「萌の季節」の写真作家は11名。
顔写真入りで作家紹介されています。

アマゾンでご購入は

風景写真オンラインショップでご購入は

楽天ブックスでご購入は

定価 2050円(税込)

ぜひ、ご購入いただきご覧になってください。



ラベル:写真誌 風景写真
posted by しんちゃん at 18:09| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

マミークラン4月号

森永乳業さんの月間情報誌「マミークラン」
4月号から一年間 「四季彩」というタイトルで
見開きページを担当させていただきます。

マミークラン4月号.jpg
マミークラン
宅配のお客さま、牛乳販売店と森永のサークルに
配布する冊子です。

森永宅配商品をご契約の皆様にはご覧いただけると思います。

4月は桜、 
「朝の光に目覚める桜景」 宮城県松島町
の写真と文章です。

一年間の連載となりますので、ぜひご覧いただきたいと思います。




ラベル:森永乳業
posted by しんちゃん at 15:35| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

デジタルカメラマガジン4月号

デジタルカメラマガジン4月号が3月20日に発売されました。
デジタルカメラマガジン4月号.jpg
発行所 インプレス 価格1,080円 税込

今回の特集は、「桜」
写真家50人による投票で100ケ所の見どころを紹介しています。
私は、
「花見山公園」福島県、「松島の桜」宮城県 を
写真とともに解説しております。

また、3月9日に発売された SIGMAレンズ 
 14-24mmF2.8DG のテスト撮影、
記事解説を行っております。
新発売されたこのレンズは、キャノンのカメラによるレンズ光学補正に対応しています。

キャノンカメラをご使用の方には、便利になりました。
「レンズ光学補正」を「する」に設定していても問題ありませんでした。

その他、詳しいことは書籍をご購入いただいて、ご覧下さい。

「デジタルカメラマガジン4月号」 は内容も豊富なのに、
価格は1080円。

写真の勉強にはお勧めの本です。




posted by しんちゃん at 09:39| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

「ピントの決め方ぼかし方」日本カメラ

日本カメラ社から12月8日に発売されました、

「ピントの決め方ぼかし方」  MOOK本
                定価 1600円+税
日本カメラMOOK.jpg

どこにピントを合わせるか
どこまでシャープに写すか
どこまでぼかすか

と表紙にはある。
私は9項 見開きですのでページ数は18ページ、
写真と記事を掲載していただきました。

写真は、ほんの少しのことで絵柄が変わります。
そこで知識としてわかっていれば撮影の
バリエーションは増えていきます。
そんな参考になる本ですので、ぜひご覧下さい。






posted by しんちゃん at 06:47| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

男の隠れ家11月号

「男の隠れ家」 11月号 9月27日発売
           三栄書房発行 680円
           月刊誌

最終ページに 季節の色をテーマにした1ページがあります。
     「四季彩枠」  しきさいさい  
11月号は私の写真と文章を掲載していただきました。
男の隠れ家.jpg

写真は、青森県にある田代平湿原。
秋の夕暮れの写真です。

秋の夕暮れが生み出した 儚くも淡い夢幻的な色

ぜひ皆様にもご覧いただきたくてご案内させていただきました。

秋の紅葉の便りが届きはじめました。
もうすぐ10月。
空気もひんやりとしてきました。
秋を感じる季節となってきています。





posted by しんちゃん at 15:12| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

『最新 夕景夜景の写し方』

日本カメラMOOK
『最新 夕景夜景の写し方』 が8月29日に発売されました。
定価 1600円、 税込 1728円
日本カメラMOOK夕景・夜景.jpg

♦夕景を写す   ♦夜景を写す

フイルム時代は難しかった被写体も、デジタルカメラに
なって、だれでも簡単に写すことができるようになりました。
でも、写真自体の知識が必要で、そのための参考に
していただきたいという内容です。

私は7項、 見開きでの掲載ですので、計14ページに
写真と記事を載せていただきました。

本屋さん等でご覧いただければ幸いです。





posted by しんちゃん at 14:49| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

デジタルカメラマガジン9月号

デジタルカメラマガジン2017−9月号.jpg
デジタルカメラマガジン9月号(インプレス社)
が19日に発売となっています。 1080円


今月号も内容は充実しています。
【総力特集】では、
写真家24人が専門ジャンルからベスト5を厳選
1度は撮ってみたい 「絶景ベスト5」
が掲載されています。

私のは、「湖水」 がテーマです。
見開きの解説と写真。

日本風景写真家協会からは、24人の中に6名が掲載
されています。
他にも佐藤尚さんのレンズ写真解説ページもありますので
7名が写真・記事掲載されています。


デジタルカメラマガジンは毎号、内容がとても豊富です。
1080円で購入できるのに,
信じられないくらいの情報満載。

機材や撮影方法などがわかりやすく掲載されていますので、
写真愛好家にはお勧めの本です。
ぜひ、ご購入いただいて新作の撮影にお役立てください。
きっと新しい何かが見つかると思います。




posted by しんちゃん at 09:43| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

デジタルカメラマガジン4月号

本日(20日)発売の
  デジタルカメラマガジン4月号 インプレス社発行
デジタルカメラマガジン3月号.jpg
【PICK UP】 特集で
4つの視点で風景描写力をチェック
富士フイルム GFX 50S   
を使用して、私が撮影した写真と記事が掲載されています。

富士フイルムGFX50Sは、
2月28日に発売になった中判ミラーレスデジタルカメラで、
中判フォーマット 43.8×32.9mm、 5140万画素のCMOS
センサーの仕様です。
デジタルカメラマガジンでは、2月号、3月号と特集を組んで
性能を紹介していた話題のカメラです。

私が撮影した感想は、本の記事に紹介されていますので
ご覧いただきたいのですが、一言でいうと
これはすごいカメラ、質感が違います。

ぜひ 本をご購入いただき印刷物でご確認ください。




posted by しんちゃん at 12:19| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

四季の絶景写真400

デジタルカメラマガジン 特別編集の
「四季の絶景写真400」 が発売されています。
  定価 本体2400円+税  インプレス社発行

四季の絶景写真400.jpg

” 日本の美しき四季を撮るための必携ガイド ”
撮影テクニック&撮影地ガイドが掲載されています。

私の所属しています 日本風景写真家協会からは11名が
掲載されております。
私もその中の一人です。

現在、デジタルカメラによってさまざまに写真の撮り方が
変化しています。 
そして多くの写真家の方が新たに登場してきます。
技術的なことや撮影方法など、長年写真家として経験を
積み重ねてきた人も勉強を怠るとすぐに忘れ去られる
時代です。
デジタル時代は動きが早く、1年で大きく変化してしまいます。
常に一歩前進が求められます。




posted by しんちゃん at 15:26| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする