2018年11月07日

雲の名前

小さな雲がたくさん集まって広がっている。
高積雲.jpg
秋の季語の巻積雲、さば雲ではないか?と思ったのですが、どうも高さが低すぎる。
巻積雲は、高度5kmから15kmだと言います。
この雲は高度が低いように見える。
雲の下部にほんの少しグレーがかった影があるようにも見えるが、はっきりしないのです。
高積雲かもしれない?

このように雲の名前は難しい。
巻積雲と高積雲  どちらも似ている。

この雲は、つい2時間程前に出ていた雲。
北の空一面に広がって見える。

秋が深まり平地でも紅葉の盛りになっているところもあるようです。
あと3週間ほどで秋のピークは過ぎ去ります。
早い足取りで進む秋。
もっとゆっくりとしていけばいいのに。
空を見上げてつい思うのです。




ラベル: 高積雲 巻積雲
posted by しんちゃん at 10:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

朝焼けの空

朝焼けの次の日は天気が悪いと言います。
昔から言われる観天望気。
しかし、当たる確率は60%とか?

今朝はきれいな朝焼けが出ました。
早朝 5時17分。
朝焼け.jpg

気が付いた方もいるかもしれませんが、この雲不気味です。
何かの顔があるように見える。
黒ずんだ雲が目と鼻、口となって斜めに顔がある。

でも気にしないでください。
よくあることですから。

9月になって朝が遅くなってきています。
日が暮れるのも早く感じます。
それだけ日中は短くなっている証拠。
これからは夜が長くなる。
夏の暑さで寝不足の皆さん、ゆっくりと体調を整えてください。

9月は2回の祝日があります。
17日は「敬老の日」 23日は「秋分の日」
23日は日曜日。24日が振替休日になります。

このあたりから季節は大きく変わりますね。

ラベル:朝焼け 観天望気
posted by しんちゃん at 06:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

花粉光環

今日の読売新聞朝刊 多摩版には、「花粉光環」というあまり聞いたことのない記事が掲載されています。
読売新聞.jpg
「花粉光環」 または 「花粉光冠」と呼ばれる現象だといいます。
6日に観測

もちろん私は初耳。

「花粉光環」 とは、スギ花粉が飛ぶころ、太陽の周りに花粉による光環がみられることがある現象。
とのことでした。

恐るべしスギ花粉。

こんなところにも影響が出ていたのですね。

満月前後の月のまわりに花粉光環が見えることもあるといいます。
そういえば、3月2日に満月を撮影していると、月のまわりに何かが覆っていたのでした。
これがもしかして 「花粉光環」 かもしれない。
その日は、とても強い風が吹いていました。
満月.jpg

不思議な現象だと思っていたのですが、驚きですね。

「スギ花粉」   今は大変な季節です。
早く終わってくれないかな?
願うばかりです。



ラベル:花粉光冠 満月
posted by しんちゃん at 18:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

鉄塔と太陽

_C3A0072.jpg
力持ちの鉄塔が太陽を持ち上げている。

霞のようにボワーと広がる雲から、突然顔を出した朝日。
まるで鉄塔にリフトされているように見える。
くるくると回してみようかな?
鉄塔が叫んでいるように見えるのも不思議ではない。
だって、まるで紙風船のように色を付けて膨らんでいる太陽。
風が吹くとどこかに飛んで行ってしまいそう。

でも、こんな姿は一瞬だけ。
すぐに太陽は鉄塔から離れ、ゆるやかに上昇。
自分の力で揚がってゆく。
しかも色を失いながら・・・。

もっと見ていたかった太陽の不思議な色。
お前のような怠け者には見せないよ。
今度は太陽が呟いているように私には聞こえる。

太陽は悠然として動いてゆくね。




posted by しんちゃん at 11:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

朝の空


朝の空1.jpg

    まだ街は眠っているのに空が騒がしい。

雲は赤くなって空を泳ぎまわり、その下では高層ビル群が、
空との境をつくりだしている。
小さな青い箱がいくつも横に並んでいるように見えるビル群。

冷気が運ぶ朝の色。    秋ですね。

        


ラベル: 高層ビル群
posted by しんちゃん at 14:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

朝の風景

すごい風の昨日とは、打って変わって今朝は静かな朝です。
糸魚川大規模火災に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。

20161223パノラマ.jpg
パノラマ画像です。

朝の空は毎日違います。 
当たり前かもしれませんが朝の色は不思議です。
今朝は青い空の色が明るい青。 
絵の具の水色のような色。
ペールトーンと呼びたくなるような色彩です。

明けゆく空にゆっくりと雲が流れます。
多摩川の川面は空の色が反射して目覚めの時です。

こんなに静かな朝なら毎日でもいい。
しかし朝の色はいつも違っている。

雲よ風よ空よ♪ ♪ ♪
お前は知っているかい ♪♪♪

明日はクリスマスイブ、 世界中の人たちが幸多いことを
願って、今朝の綺麗な空の風景をお届けします。





posted by しんちゃん at 07:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

師走の朝の空

師走に入ってにぎやかな夜とは対照的に
朝は静かです。

音もなく広がる朝の空、まるで光のカーテンのような彩りで
空が一部分だけ染まっていました。
朝の光2.jpg

朝の光.jpg
光芒は「天使の梯子」 とも呼ばれていて、ちょっとロマンを感じます。
気象用語としては  「薄明光線」 というようです。

ウィキペディアではこのような説明も掲載されています。
ヤコブの梯子、天使の梯子という名称は、旧約聖書創世記28章12節に由来する。この記述では、ヤコブが夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされる。このことからやがて自然現象もそのように呼ばれるようになった。

-------------------
ひと時だけ見ることができる空の光景。
出会いで感じる空の風景ですね。
          -------------------------



ラベル:光芒 天使の梯子
posted by しんちゃん at 13:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

ドラマチックな朝

早朝、西の空を見るとスーパームーンの満月は過ぎたとはいえ、
まだ ま〜るいお月様が輝いています。
満月.jpg

東の空には朝焼けに染まる新宿の高層ビル群とスカイツリー。
新宿高層ビル群.jpg

西にみえる奥多摩の山並みにはもやが流れている。 その上空は朝焼け色に。
月と多摩川の朝.jpg
月はまだ沈もうとはしていない。
空から消えるのがもったいないような月である。

もしかしたら富士山がよく見えるかも?
多摩川を渡り対岸に自転車で向かう。
しかし、怪しげな雲が南の空を覆っている。
まるでたくさんの龍が空を移動しているような不気味な空。

富士山はそんな雲に阻まれて姿が見えない。
どんどんと雲は広がり、空の大半を埋めてゆく。
朝の雲.jpg

いつしか月も雲に隠れて見えなくなってしまった。
ドラマチックな空。 こんな劇的な空の変化も珍しい。
不思議な朝でした。


posted by しんちゃん at 14:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

朝焼けの空

今朝は、朝焼けの空が素晴らしい色で広がりました。
朝焼け.jpg
都心に向かう空は燃えるような赤い色。
多摩川の川面も空の反射で赤く染まりました。

朝焼けが終わると曇り始めて、やがては雨という激しい天気です。
連休で行楽に向かう車も多いのに、天気は気まぐれですね。

昨日まで、3日ほど紅葉の撮影に出ていたのですが、あまりにも
今年の紅葉は色が悪い。
見てきたのは、群馬県の北部、新潟県、栃木県日光などです。

まだ高い山の上しか紅葉らしい彩りはないのですが、ほとんどが
くすんだ色です。 紅葉は遅れているので少し標高が下がれば
まだ緑となっていて、とても難しい秋となりました。

これからの冷え込みで変化するかもしれませんが、予測が付きません。
いちど戻って出直しです。

やはり、今年は天候が異常です。 
台風の上陸も多いし、いつまでも暖かい。

紅葉は冷え込みがないといい色にはならないものです。
天気次第の秋ですね。






続きを読む
posted by しんちゃん at 11:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする