2018年10月28日

津軽のリンゴ

青森県津軽地方はリンゴの産地です。
訪れたのは10月19日。

道路を車で走りながらリンゴ畑を見ていた。
直線道路を走っていると、左手にきれいなリンゴが光に輝いているのが見えてUターン。
収穫していたリンゴ農家の方に「写真を撮らせてください」とお願いすると「いいよ」とお許しをいただいて早速畑に。
リンゴ.jpg
このリンゴはジョナゴールドという品種だという。
大きくて赤く、美味しそ〜。
すると、両手で大きなリンゴを抱きかかえて、おばさんがリンゴをくれた。持って行って食べなさいと。

この地方では昔から訪れるたびにリンゴを戴く。
写真を撮らせていただいてお礼をしなければいけないのは、本来 私の方。
こんなことをしてくださるのは、日本全国訪れても津軽地方だけ。
いつも恐縮しながらありがたく頂戴します。

今年は台風が2つも収穫時に来て、大丈夫でしたか? と聞くと、この辺りはリンゴが落ちなかった。 
とのことでひと安心。

逆光ぎみの光に輝いていたリンゴは陸奥という種類。
ご覧のように鈴なり。
リンゴ2.jpg
真っ赤だな〜 きれい! 美味しそ〜
これからの季節はフジという品種。
もうすこしで収穫を終えますね。
一年間お疲れ様でした。







posted by しんちゃん at 10:42| Comment(0) | 果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

葡萄

秋の味覚 ”葡萄” を山梨県の親戚から送っていただきました。
箱を開けると大きな葡萄が2種類入っていて見るからに美味しそう。

食べる前に写真を撮りました。
01.jpg
ルビー色の葡萄は『甲斐路』

山梨県を代表する葡萄で、フレーム・ケーとネオマスカットで交配してできた品種とか。
ずいぶん昔にこの葡萄を初めて口にしたときには、美味しさにびっくりしたものです。
今は、どこでも売っていて珍しくはなくなりましたが。

今年の葡萄は糖度が高く甘いですね。

03.jpg
この緑色の葡萄は 『翠峰』 という品種で粒が大きく持つと重く感じます。

ピオーネとセンテニアルの交配種。
1996年福岡で最初に登録された葡萄のようです。

平成21年産では、全国で岡山県が50%、福岡県22%、福井県19%、
山梨県9%の生産統計があるという。



どの葡萄も今年は最高に美味しい。

送っていただいた親戚に感謝しながら秋の味覚を楽しみます。




 
ラベル:葡萄 甲斐路 翠峰
posted by しんちゃん at 15:55| Comment(0) | 果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする