2018年08月07日

立秋

001.jpg

朝窓を開けると涼しい風が吹いていた。
やっとクーラーの風から自然の風へと変えられる。
しかも雨。
水不足から解消される植物たち。
でも、この雨は台風からの雨。
また、台風が北上している。

天候異変、まだまだ続く今年の夏。

今日は立秋。
暦の上では秋が始まる。

私の故郷では8月7日は「お墓参り」。
子供の頃、前の日にはよく花を採りに山へ出かけた。
「お墓参り」とお盆の時には恒例となっていて、鎌
を持って共有地の草刈り場へと。
もちろん花採りは子供の仕事。
夏草が伸びる草地にはさまざまな花が咲いていた。
でも、いちばん先に採るのは桔梗の花。
お墓参りやお盆には欠かせない花でした。
ススキの生える場所にはよくあった。
鎌で切り、採った花を手で抱える。
持ちきれなくなると自分の籠や筵を置いた場所まで置きにゆく。
そこには梅干しの入ったお弁当も置いていた。
お弁当の箸を忘れたときには木の小枝や茅の茎で箸を作って食べた。
今では考えられない時代であった。

そんなことがふと思い出された朝。
立秋、今日から残暑見舞いになるのですね。









【関連する記事】
posted by しんちゃん at 12:13| Comment(0) | ふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント