2017年09月15日

秋へのプロローグ

野分(のわき、のわけともいう)は、秋の台風の
古い呼び名だといいます。

いままさに日本を襲うかのような進路をとる台風18号。
気がかりですね。

この夏は異常と思えるような気候でしたが、長月の9月になり
やっと青空も見えるようになってきたところでした。
空と雲.jpg

多摩川の岸辺では、荻(おぎ)などの植物が穂を出し始めて
ちょっぴり秋を感じる季節ですが、暑い日もあり夏と秋が
せめぎ合っています。
多摩川.jpg

このところ西の空は夕焼け色が広がる時もあり、夕暮れのしっとりとした
風情を感じたりもします。
夕景.jpg

でもいちばん変化を感じるのは、夕暮れが早くなってきた
事ではないでしょうか?

夏の疲れが出る季節です。
ご自愛ください。






ラベル:野分 台風 多摩川
posted by しんちゃん at 16:12| Comment(0) | 気候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント