2017年03月09日

砂浜の昆布

南房総の海は波が荒い。
満潮に近づくとなおさらです。
砂浜を歩いてると、いつ大きな波が来るかわからない。
そんな中でも釣り人は平気で糸を垂らしている。

砂浜をきれいにさらいに来る波は、一粒一粒の砂を
洗い動かしてとてもきれいな砂を見ることができる。
そんな砂の中に取り残されたように昆布がひとつ。
昆布.jpg

次から次と押し寄せる波と砂に閉じ込められて身動きできない昆布。
あなたはどこから来たのですか?

空の光は砂浜に反射して、砂の表面に残る海水を照らしています。
また突然大きな波が来た!
足元近くまで来て慌ててしまう。
遠くに目をやると大海原は平然としていて、そんな小さな海藻のことなんか
知らないよと。

春の海。 光だけは温かさがあるように感じるのですが。




ラベル:房総の海 海藻
posted by しんちゃん at 14:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント