2016年11月30日

柿と雪

民家に隣接する納屋にある柿の木。
びっしりと柿の実がなっています。
収穫をしないのだろうか?

よく見ると高い柿の木で、これでは梯子を架けても無理である。
柿と雪1.jpg
持ち主の方はたぶん高齢の方なのかもしれない?
納屋の屋根は夜半に降った雪がついて白い。

飛騨の高山から安房峠に向かう道で出会った景色である。
初雪が降った。  大地はうっすらとした積雪になっていて、まさに
初冬に見ることができる里の風景です。
柿と雪2.jpg

柿と雪3.jpg
突然の雪が連れてきた景色は、いっきに冬に誘う。
でも、この季節は太陽が照れば雪は消える。
まだ根雪とはならず、一面に白い雪が覆う真冬の季節とは
一進一退のせめぎ合いが続きます。
師走に入り、季節は進むと
やがて、雪に包まれた白い大地となり、静かな里の風景になっていきます。

霜月は今日で終わり、明日はもう師走。
季節は忙しく過ぎてゆきます。


ラベル: 飛騨 民家
posted by しんちゃん at 09:47| Comment(0) | 果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント