2014年09月06日

秋の七草

万葉集  山上憶良が歌で選定し七草は今に至ったといいます。

「秋の野に 咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」

七草のうち朝貌(あさがお)の花は桔梗の花と言われています。
キキョウ.jpg

桔梗の花のつぼみは風船のように膨らんでいてとてもかわいい。
風船の花 Balloon flower と英語では表現されるといいます。

次の花はどこでも見られる萩の花。
ハギ.jpg

高原の草むらなどによくあります。

そして、葛の花(くずのはな)
クズ.jpg

今、東京の多摩川の川べりでは葛の花が見ごろとなっています。
土手の道を歩いていて見ることのできる場所もありますが、
すこし草むらに入らないと見つけられないかもしれません。


ほかの花はまた機会がありましたら掲載いたします。









posted by しんちゃん at 17:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント