2014年05月10日

白米千枚田

日本の棚田百選の地、能登 「白米千枚田」では
田植えが行われていました。

02.jpg

ゴールデンウイーク最終日の6日の撮影です。

日本海の荒波を背景に広がる棚田。
斜面に様々な形の水田が連なって海の近くまで下りてゆきます。

ここの田植え風景を見るのは初めてでした。
見ていると、小さな田んぼではあっという間に苗が植えられて、
田植えをしている人が次の田んぼに移動してゆきます。

国の指定部分の田んぼだけでも 1004枚 もあるといいます。

田んぼの畦は斜面が険しいので、田植えをする人は駆け下りるようにして下に
ある田んぼに移動してゆきます。

これは重労働ですね。  白米千枚田のサイトでは、田植えのボランティア募集
とありましたが、人が多くなければすべての田んぼの田植えが終わるころには
足腰が痛くて大変になると余計な想像をしてみていました。

午後の半逆光で道路から棚田を見ると
01.jpg

数名の方はこの時間帯でもう夕陽の撮影準備にカメラを構えていました。

これから早苗が伸びるまで、日本海に沈みゆく夕陽の水景色が
撮影できるでしょう。

道の駅もできて、訪れる人が多くなった白米千枚田。
ここには日本の素晴らしいふるさとの景観がありました。








posted by しんちゃん at 06:13| Comment(0) | 名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント