2013年08月23日

ハクサンチドリの花

岩手県の八幡平にハクサンチドリの花があることを
知ったのは、2007年のNHKの朝ドラ 「どんど晴れ」
でした。

今回、夏の八幡平を訪れてハクサンチドリの花を
見たいと思い、探してみました。

八幡平湿原の木道を歩いても見つかりません。
どこで咲いているのか?  
車に戻る途中の道すがら、草むらの中で見つけたのです。

01.jpg

ハクサンチドリはラン科の多年草。
白山に多いことと、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから
名付けられたようです。

確かに鳥が群れているようにも見えてくるこの花は、赤紫色の
ちょっと洒落た色彩です。

20cmから30cmほどの背丈なので気を付けて探さないと
見つからないかもしれないですね。

あ〜 よかった見つけられて。
きれいな花を見るのは楽しいですね。
今日は ”どんど晴れ”  



posted by しんちゃん at 14:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント