2013年05月06日

ニセアカシアの花

多摩川の河川敷にニセアカシアの花が咲いています。
ハリエンジュ(針槐)の和名を持つ外来種。
03.jpg

04.jpg

このニセアカシアが繁殖を続けると、アカマツやクロマツの松林やヤナギ 林が
減少していまい、植生の構成を変えてしまうらしい。

全国はちみつ第3位の長野産はちみつは8割がニセアカシアの花を
蜜源としているようで、樹木の伐採には養蜂家が反対しているという
ニュースを聞いたことがあります。

子供のころ、ニセアカシアの花を天ぷらにして食べた記憶が
よみがえってきました。
味は甘くて驚いたことを覚えています。
調べてみると花は天ぷらなどで食用にできるが、そのほかのところには
毒があるので注意するように記されています。
興味がある方はよく調べてからにしてください。

多摩川のこの季節は緑がまだ明るくさわやかです。
ゴールデンウイークはサイクリングや散歩など多くの人出がありました。

ふと足元を見るとアカツメクサが
06.jpg

テントウムシ
01.jpg

桑の葉
07.jpg

野鳥のさえずりもにぎやかです。  ウグイスやキジまで鳴いていますよ。



posted by しんちゃん at 12:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント