2012年09月27日

クロベとダケカンバ

先日、長野県志賀高原の森を歩いていて不思議な
樹に出合った。
種類の違う2本の木がぴったりとくっついているのです。

003.jpg

すき間もなく、接着剤で付けたようにぴったりと付いている2本の木。
画面左がダケカンバ、 右はクロベ (ヒノキ科) 


              木の全景はこのような景観です。
    005.jpg     004.jpg

           01.jpg

何とも不思議な木の生態にただ感心して見ていました。
苔むした倒木からは、新たな生命の誕生です。
002.jpg

志賀高原の森にはさまざまな自然があります。
樹を見て森を知る。  何気なく歩いている森の中には神秘が宿っています。

この春には、奥志賀高原で熊も見ました。
人を恐れない新世代の熊がいるとか?
森の中に入る人は鈴を鳴らしたり、笛を吹いたりして注意して散策してください。
posted by しんちゃん at 14:19| Comment(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント