2012年08月18日

高原野菜産地 川上村

夏の高原野菜の産地。
長野県川上村。
夏のこの季節は、連日レタスの出荷作業で忙しい。
早い家は、夜中の1時2時にライトを照らしての作業が始まる。
05.jpg
暗い中ライトがあちらこちらに点在する風景はちょっと異様です。
近年、朝採り野菜として東京周辺ではその日のうちにスーパーなどに並ぶことも
あり、作業は深夜からになることが多い。
土地の人は、暑い日中より早朝の作業のほうが楽だとも言います。

畑にあるレタスを1個撮影。
03.jpg

おいしいレタスは朝霧が作り出します。  甘みが増し、葉がやわらかい。
一枚の葉がとても薄いのです。
霧が立ち込める中をレタスの出荷作業。
01.jpg

晴れた日には、八ヶ岳が望めるレタス畑の上空を、雲が心地よくゆっくりと
流れていきます。
02.jpg

朝は、半袖の服装では寒い。 出荷作業の人たちは雨具を着用しています。
朝露でレタスが濡れているので雨合羽の着用は常識なのです。
この辺りは標高1300mくらいの高地。

新鮮な野菜の供給には、このような大変な作業を行っているのです。
スーパーなどで朝採りレタスが売られていたら、産地の作業を思いおこしていた
だけるとありがたく思います。

まだまだ残暑が続きます。 
おいしい高原野菜をいっぱい召し上がって元気にお過ごしください。



posted by しんちゃん at 15:59| Comment(0) | 高原野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント