2011年10月20日

白神山地

世界自然遺産の白神山地は、青森県と秋田県に広がる
ブナの自然林があり紅葉の季節を迎えています。
暗門の滝入口からはじまる白神ラインは54.5Kmのうち
ダートが44Km続き車の運転は大変です。

津軽峠は、白神山地の向白神岳などの連山が望める峠です。

02.jpg

この峠の近くにブナの巨木のマザーツリーがあります。
この木は他のブナより色づきが遅れていて、まだ少し緑が残っています。
01.jpg

ここから1.5Kmほど天狗峠方向に向かったところで
今日熊を目撃しました。  Am10:45頃。
車道にはキノコを採る人の軽トラックが停まっていた、
そのわきに熊がいたのです。
1mほどの熊で、車の音に気がついたのかまっしぐらに
林の中に走り去った。

昼間の車が通る道で熊が出没するなんて、びっくりしました。
今年は熊のエサになる木の実が不作のようです。
こんなところまで出没する熊にとっても大変な年に
なっているのですね。

今日は、快晴の天気。  ブナも彩りは最盛期からやや枯葉が
目立つようになっているところもあります。

白神ラインは日本海側から入ることもできますが、道は砂利道
が多く、狭いところもありますのでスピードは控えめにして
入山してください。  とても疲れる運転となることを覚悟して
ください。
posted by しんちゃん at 21:16| Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント