2010年10月06日

秋きのこ

秋の味覚 きのこ
親戚から懐かしいきのこを送っていただきました。

キノコ.jpg

ハナイグチ   別名 ジコウボウ
ぬめりが強くとろりとした食感。 特に長野では好まれている。
味噌汁やスープにすると大変おいしい。    と
家庭画報11月号 で紹介されているキノコです。

信州の山村で育った私には懐かしいキノコです。
よく秋になるとカラマツ林の中で採って食べたものです。
味噌汁に入れるとキノコの独特のぬめりが出て、甘みがあり美味しい。
サッとゆでて大根おろしをかけて食べるのも最高の味。

東京では見かけたことがありません。
保存が難しいキノコだからでしょう。 採った日に食べるか塩漬けの
保存をしないと傷みやすい。

秋のキノコを山で採るときには注意が必要です。
食べれるキノコにそっくりな毒キノコがあるからです。
ジコウボウも地元の人によく聞かないとわかりにくい。

正式名が ハナイグチとは初めて知りました。
地元ではリコボウ、ジコボウなどと呼んでいましたから。
【関連する記事】
posted by しんちゃん at 15:20| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント