2009年05月25日

山菜

山菜が信州から送られてきました。
今夜はタラの芽・山ウドの天ぷらとウドの酢味噌和えが食卓を飾りました。
CIMG0682.jpg

山ウドは少し苦味があり、その苦味が私は好きです。
タラの芽のような味のまろやかさはないけど、山ウドはそれにも
負けない香りと味がある。
この季節撮影に出かけて山を歩くと山菜を目にしますが、山菜の天ぷら料理は
油と小麦粉の用意がなく現地では無理。
そのために山では山菜を採ることはほとんどありません。
先日、大分県の飯田高原で食べごろのワラビが草地一面にあった。
ここでワラビを摘むとすぐに袋いっぱいになるくらい採れるなぁ  と見ていた。

もう5年ほど前になりますが、青森県の白神山地の白神林道の開通の日に
天狗峠まで行った。 残雪があちこちに残りブナの芽吹きが綺麗だった。
道路の脇にタラの芽がまだ若芽を少し開いたばかりでしたが、ここの
タラの芽はとても形と色がよく凛とした姿を青空に突き上げていた。
自然豊かな白神山地は山菜までも素晴らしい。 と感じたことを思い出しました。
posted by しんちゃん at 21:38| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: