2020年08月31日

かなとこ雲を youtubeで掲載しました

昨日見ためずらしい雲。
かなとこ雲 を動画にしてみました。

Youtubeでご覧ください。
かなとこ雲.jpg


上のアドレスか、写真をクリックすればご覧いただけます。




posted by しんちゃん at 16:15| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

かなとこ雲

今日の午後4時半、西の空に巨大な ”かなとこ雲” が出ました。
東京で見られるのは珍しい。

多摩川の橋をカメラを担いで歩いていたときです。
不思議な雲なので立ち止まってみていた。
” かなとこ雲 "だな、名前と形は覚えていたのですが、どのようにできるのかは覚えていません。
かなとこ雲に隠れる太陽の瞬間を撮影したいと待っていると、
かなとこ雲 1.jpg

かなとこ雲  2.jpg

なんとも不思議な形の雲になっていきます。
この雲は、積乱雲の頂上部分が広がり平らになった雲だと後で知りました。
積乱雲はこの雲の根元付近に出ていますから、
この巨大な雲は、どのくらいの高さなのか?
恐ろしい雲ですね。
この雲が出ている下の地域は大雨かもしれないですね。

徐々に形を変えながらも雲の大きさは変わりません。

かなとこ雲 3.jpg

かなとこ雲 4.jpg
上の写真は雲のてっぺん。

かなとこ雲 5.jpg

なんというすごい形でしょうか?




posted by しんちゃん at 20:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

雲の形相

大空に好きなようにお絵描きする雲がある。
ときには怖い形相の雲に出会います。

夕焼けに染まらないかな?と西の空を見ていると、なんとも得体のしれない雲が出現。
雲 2.jpg
魔王? 鹿が巨大化した? などさまざまな想像をしてみる。
しかも光を放っている。
”もののけ姫” のシシ神?様にも見えてくる。

不思議な雲。 

次の日に見た雲は、青空に人の顔?
それも巨人の横顔、閻魔様ではないよね?
雲.jpg



不思議な雲の形はすぐ変化して、見ることができたのはほんの数秒。
きっと、いたずらで出現したのかもしれない。
でも、どうせ見せてくれるのなら楽しい形の雲がいいなぁ〜。
例えば かき氷、白いパラソル、列車の形も見てみたい!
描いてほしい銀河鉄道のような雲。

空に浮かぶ雲は自由で気まま。
「雲よ風よ空よ」の歌詞に
♫ なにを考えているんだろ 雲のやつ大きな顔して
  空にぽっかり浮かんでる ♫♫♫

とありますね。












ラベル:雲の形
posted by しんちゃん at 06:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

吾亦紅とアキアカネ

秋の気配が漂い始めた草原に、吾亦紅(ワレモコウ)が咲いていました。
風が吹き、静止することを知らない吾亦紅に一生懸命止まるトンボ。
そうこのトンボは、誰でも知っている赤とんぼのアキアカネ。
トンボ 2.jpg

シッポを立てたのはバランスを取るためだろうか?
トンボ 1.jpg

また風に大きく揺れ動く吾亦紅。
それでも離れないアキアカネ。

アキアカネは、夏の暑い時期までは標高の高いところで
過ごすといいます。
秋になると里に降りて、稲刈りが終わった田んぼなどに
産卵するみたいです。

竿や花などに止まっているのは、羽を温めて体温の維持に
努めているのでしょうか?

朝見たトンボは、羽が朝露で光り輝いていてきれいでした。
羽を乾かそうと動かないでいたのですね。
トンボ 3.jpg









posted by しんちゃん at 11:50| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

天の川

空いっぱいに広がる星が彩る夜空。
天の川が南北の頭上に星の川を広げています。
天の川 1.jpg

湖の湖面にも星が流れています。
星が映る水鏡。
そう、風がないのです。
そんな夜空も夜露が降りる頃になると、星たちの背景に
広がる空が暗く沈み込む。

急にあたりは寒くなり、涼やかな夜はいつしか冷気を帯びた
寒い夜に変わりました。
下界では熱帯夜のこの季節なのに。

真っ暗の中に一人佇んでいると、たくさんの星が頭上を包んでいるのが不思議に思えてくる。
こんなときには、星座や星たちの名前を知らないことが残念。
だって、たくさんの星だね! としか見ることができないと夜空の星たちに親しみが湧いてこない。
この夜は、不思議と星座を見つけることが難しかった。
それほどたくさんの星を見ることができたからです。

ラベル:天の川 夜空
posted by しんちゃん at 10:32| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

朝の草原は芸術家

霧が流れた朝の草原、日の出とともに目覚めた植物たち。
光の中に輝く生命の色を感じながら見ていた逆光の瞬間。
霧の草原.jpg

ススキ
ススキ.jpg

ヤナギラン
ヤナギラン.jpg

吾亦紅
1.jpg

蜘蛛の糸
蜘蛛の巣.jpg

ハクサンフウロ
ハクサンフウロ 2.jpg

ハクサンフウロ 1.jpg

光り輝く花たち、まるで草原の中は芸術家の集まり。


朝露が光の中で煌めいている姿が印象的でした。



posted by しんちゃん at 15:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

ブログのヘッダー写真を変更しました

残暑お見舞い申し上げます。

連日の猛暑でお疲れになっている方も多いと思います。
体温より高い気温、大変ですね。
熱中症などお気をつけください。

お盆も過ぎて夏休みも終了、そんな学校や会社も多いと思います。

ご覧いただいているこのブログも気分転換のためにヘッダーの写真を変更しました。
2020-08.jpg

先日長野県で撮影した向日葵の花たちです。

向日葵は夏の花、元気に空に向かって花開く姿がいいですね。
今年はコロナの影響で、向日葵が雄大に咲く姿が見られない地域もあります。
今年は作付けをしてないところもありますので、ネットなどで確認して訪れてください。

いつまで続くのでしょうか? この暑さは。
コロナで夏のマスク姿など、今年は辛抱することが多い年ですね。




ラベル:向日葵
posted by しんちゃん at 11:39| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

星空

8月12日の夜と8月13日の深夜から14日の未明にかけて、ペルセウス座流星群が見られれといいます。
天体のことには知識がない私には、何がどうなるのか意味不明ですが、このところ東京でも星を見ることができます。

今朝13日の明け方、東の空を見ると月と星が明るい。
カメラを取り出して撮影してみました。
星1.jpg

上部だけ拡大してみると、驚くことにたくさんの星が
写っています。
この下の画面では分かりづらいですが、何個もの星がありました。
星2.jpg

左下に見えるのがどうやら金星のようです。

今夜も流星群が見られるとのこと。
1時間に30くらいの流れ星とか。

興味のある方は夜空をご覧になってください。

posted by しんちゃん at 18:41| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

瞬間の光

どんよりとした朝の天候。
霧が湧き上がり谷を埋めてゆく。
朝日を見たいが、期待とは裏腹な空は
気持ちまで沈ませる。

それが日の出の時刻になると光がわずかに東の空に
広がり始めたのです。
カラマツの木がシルエットになって横になびいている山の稜線。
もしかしたら日の出が見られるかもしれない。
朝2.jpg
そんな期待を一瞬のうちに打ち消してゆく霧が
また光の中に流れてくる。
あ〜あ 見えなくなる、そんな叫びを聞いてはくれない霧たち。
次から次へと流れてくる。

一瞬だけ見えた朝の光はもう二度と姿を見せなかった。
どんよりとした変化のない雲がすべての空を覆っている。

「自然とはそんなものさ」
自分自身に言い聞かせながら山道を下る。

清涼な山の空気感だけは期待を裏切らなかった
朝のひとときでした。


(8月8日 朝)






ラベル:霧の朝 朝の空
posted by しんちゃん at 10:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

ヒマワリの花

長野県の道を走っていたらヒマワリの花が咲いていました。
ヒマワリ.jpg

向日葵.jpg

ヒマワリ2.jpg

コスモスの花もわずかですが、咲いていて小さな花畑は
にぎやかです。
その花たちの中に盛りを過ぎた桔梗の花が。
そういえば、桔梗の花は秋の七草の一つ。
暦では立秋を過ぎて秋に入っているのですね。
桔梗の花.jpg

桔梗の花は蕾が風船のような形なので balloon flowerの英名を持つと言います。
ヒマワリは sun flower。

お盆の休みに入り、各地で県外ナンバーの車がとても多くなっていました。
私の車も長野県では県外ナンバー車。
自粛自粛で久しぶりに短期で出かけたのですが、このように人手が多いと新型コロナが心配です。
すぐに帰ってきて、今日からまた外出を自粛する生活に戻りました。
暑いので長野県では屋外はマスクをしていない方がたくさんいました。
東京では外出時ほとんどの人はマスクをしています。
危険度の比重が違っていることは大きいですね。

みなさんどうぞお気をつけてお過ごしください。
いつもと違う夏ですので。

posted by しんちゃん at 06:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

じゃらん9月号

関西中国・四国 じゃらん9月号。
(7月31日発売 リクルート発行)
        定価490円

「今こそ、癒やしの絶景へ」特集
風景写真家が選ぶ、My Best 涼絶景 で、
私の写真は、大門坂(熊野古道)を掲載していただきました。
じゃらん9月号.jpg

他には、大先輩の森田敏隆さんと日本風景写真家協会会員の仲間、高橋智裕さんの写真が掲載されています。
夏の涼を求めての企画とのこと。
南紀は昨日梅雨明けしたようですので参考になるかもしれません。

やっと長い梅雨が終わり、夏の青空が見えてきました。
長雨で野菜は高騰し、さまざまなことで今年は異常な夏です。

新型コロナなど、例年のようには過ごせない今年の夏。
今日から8月。
朝から青空がのぞいている東京。
やはり太陽の光はすごい!景色が違って見えます。
早くコロナが収束して、今日の青空のようにさわやかに過ごしたいですね。

青空.jpg



posted by しんちゃん at 10:20| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする