2017年03月29日

多摩川の朝

多摩川に光り輝く朝がやってきた。
柔らかなやさしい光は春の贈り物。
多摩川の朝0329.jpg
まだほとんど枯れ色の河川敷の中に、芽吹きのはじまった柳の木。
対岸の岸辺ではほんのりと黄色い植物。
淡いペールトーンの色彩の中に川面を照らす波頭。

「河は眠らない」  作家の開高健 さんの言葉が
ふとよみがえる。 

朝の太陽は霞を含んでいた。
春の景色は淡く、朝のやさしい光が植物や大気を目覚めさせて
くれるのかも知れません。
そういえば春は目覚めが悪い。    
  「春眠暁を覚えず」   そんな言葉もありますね。

ぼんやりとした朝。 でも鳥たちは忙しく動いています。
太陽.jpg







タグ:多摩川
posted by しんちゃん at 07:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

朝日とビル群

季節によって太陽が昇る位置が移動します。
当然かもしれませんが動くのは地球なのですが。

毎日見ていると太陽の移動は少しだけのように感じますが、意外と一日一日で変わるものです。
スカイツリーを入れて写真を撮るとか、ビルを入れるとかになると一日の太陽の移動する距離は大きな意味を持ちます。
特に望遠レンズでの撮影は難しい。

数日前、新宿の高層ビル群の右手から昇った太陽は、この数日の天候の悪さだけでもうこんなにも左手(北側)に移動してしまいました。
朝日とビル群.jpg

朝日とビル群2.jpg

この数日の寒の戻りで桜の花も開花が進んでいません。
いつしか川柳が芽吹き、土手の草もやわらかな若草色に芽吹いてきた多摩川。
中央線の列車がいつものように走ってゆきます。
奥多摩の山並みには雪があるのがご覧いただけますでしょうか?
中央線と多摩川.jpg

桜の開花が始まった季節ですが、温かく感じるにはまだまだですね。
今朝も霜が降りていました。
柳.jpg

こんな中でもキジは大きな声で鳴き、仲間との連絡をしているようです。
鳴くときには大きく羽を広げて羽ばたきます。
静かな朝、でも道路は忙しく車の往来が始まっていますが。





posted by しんちゃん at 07:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ブログヘッダの変更

桜の咲く季節となりました。
ブログのヘッダーを桜に変更しました。

花見山公園.jpg
一面に咲き誇る桜。
ここは福島県の花見山公園。
桜や桃、レンギョウ、ボケ、菜の花、ハクモクレンなどの
さまざまな花たちが山を覆います。

私がはじめてこの地を訪れたのは、もう30年以上も前になります。
そのころはこのように広い面積ではなかったが、花見山周辺の
美しさに感動したものでした。    人も少なかった。
あの時に見た花景色の場所には、いまでも桜や桃が
花をいっぱいに咲かせています。

春の花は人々の心をやさしく癒してくれるのかもしれません。
多くの人が感動し、心満たされる花見山公園。
花を見る人々の顔はみな笑顔です。
この花景色を育て上げ発展させてきた阿部家の方々に
改めて私からも感謝を申し上げます。
今でも入場料も取らずに無料で見学させてくださいます。
いちどは見てみたい花見山公園。
4月の半ばには見ごろとなることでしょう。





posted by しんちゃん at 11:31| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

デジタルカメラマガジン4月号

本日(20日)発売の
  デジタルカメラマガジン4月号 インプレス社発行
デジタルカメラマガジン3月号.jpg
【PICK UP】 特集で
4つの視点で風景描写力をチェック
富士フイルム GFX 50S   
を使用して、私が撮影した写真と記事が掲載されています。

富士フイルムGFX50Sは、
2月28日に発売になった中判ミラーレスデジタルカメラで、
中判フォーマット 43.8×32.9mm、 5140万画素のCMOS
センサーの仕様です。
デジタルカメラマガジンでは、2月号、3月号と特集を組んで
性能を紹介していた話題のカメラです。

私が撮影した感想は、本の記事に紹介されていますので
ご覧いただきたいのですが、一言でいうと
これはすごいカメラ、質感が違います。

ぜひ 本をご購入いただき印刷物でご確認ください。




posted by しんちゃん at 12:19| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

四季の絶景写真400

デジタルカメラマガジン 特別編集の
「四季の絶景写真400」 が発売されています。
  定価 本体2400円+税  インプレス社発行

四季の絶景写真400.jpg

” 日本の美しき四季を撮るための必携ガイド ”
撮影テクニック&撮影地ガイドが掲載されています。

私の所属しています 日本風景写真家協会からは11名が
掲載されております。
私もその中の一人です。

現在、デジタルカメラによってさまざまに写真の撮り方が
変化しています。 
そして多くの写真家の方が新たに登場してきます。
技術的なことや撮影方法など、長年写真家として経験を
積み重ねてきた人も勉強を怠るとすぐに忘れ去られる
時代です。
デジタル時代は動きが早く、1年で大きく変化してしまいます。
常に一歩前進が求められます。




posted by しんちゃん at 15:26| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

ブログヘッダを変更しました

寒かったり暖かかったりと春は気温の変化が
激しいですね。 桜の開花予報もではじめて
春はいよいよ本番になってきました。

カタクリの花もそろそろみられる季節となってきました。
そこで、ブログのヘッダを変更いたしました。
カタクリ 2.jpg
このカタクリの花は栃木県の三毳山で撮影したものです。

県営都市公園 「みかも山公園」 として整備されている山で
カタクリの花の群生地があります。

カタクリの花は日が当たるとうつむき加減に下を
向いて咲きますが、花被片は反り返っていて
とても愛らしい花です。
赤紫の色合いも素敵です。

そんな花なので今回は2画面にして、花のアップを
掲載いたしました。






posted by しんちゃん at 15:10| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

キンセンカの花

10日ほど前に、南房総から買ってきたキンセンカの花。
まだ咲いています。
キンセンカ.jpg
ちょっと上に向いた姿は自己主張しているのでしょうか?

それとも光に向かって花の形を変えたのでしょうか?

キンセンカは和名を金盞花と書くようで、見た目が金色の杯に
似ているので名付けられたといいます。
通常、花のもちは3〜7日程度といいますが、上の花は
切られてから もう10日経ちました。
ヨーロッパではハーブのひとつのようです。

下の写真は、10日前の南房総の花畑で見たキンセンカ。
畑のキンセンカ.jpg

キンセンカの花言葉は、「悲しみ」「嘆き」「寂しさ」などあるようですが
この花は見た目はとても艶やかで、花言葉とは違う印象です。





タグ:金盞花
posted by しんちゃん at 15:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

高橋智裕写真展「共存」

東日本大震災、あれから6年が経ちました。

その震災の津波に流され奇跡的に助かった写真家、
高橋智裕さんが今、写真展を開催しています。

 高橋智裕写真展 「共存」
イズモギャラリー 3月10日〜12日(日)まで
高橋さん写真展1.jpg

イズモギャラリーは   東京都品川区北品川5-7-13 にあります。

昨日、行ってきました。
モノクロームでの震災関連写真、ポストカードの写真(上の写真)は
大きなプリントで会場の真ん中に。
見ているとまるで自分がこの場所にいるような臨場感がある。
この写真は、ルネアという漆喰のモノクロプリントでした。


震災関連の写真とは別に高橋さんのカラーの風景写真も展示されています。
高橋さん写真展.jpg

カラー写真はすべて「ルネア」でのプリント。
山口県の大一写真工業さんがプリントしたものです。

私もこの会社で、2月に写真展を山口市で開催させていただきました。
絵画的なやさしい色調表現が心を和ませてくれます。

今回の高橋智裕さんの写真展は、開催期間が3日間という
スケジュールですのでご覧になりたい方はお急ぎください。



posted by しんちゃん at 10:28| Comment(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

砂浜の昆布

南房総の海は波が荒い。
満潮に近づくとなおさらです。
砂浜を歩いてると、いつ大きな波が来るかわからない。
そんな中でも釣り人は平気で糸を垂らしている。

砂浜をきれいにさらいに来る波は、一粒一粒の砂を
洗い動かしてとてもきれいな砂を見ることができる。
そんな砂の中に取り残されたように昆布がひとつ。
昆布.jpg

次から次と押し寄せる波と砂に閉じ込められて身動きできない昆布。
あなたはどこから来たのですか?

空の光は砂浜に反射して、砂の表面に残る海水を照らしています。
また突然大きな波が来た!
足元近くまで来て慌ててしまう。
遠くに目をやると大海原は平然としていて、そんな小さな海藻のことなんか
知らないよと。

春の海。 光だけは温かさがあるように感じるのですが。




posted by しんちゃん at 14:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

南房総千倉の花畑

千葉県南房総市千倉は温暖な地で2月から
花の見ごろを迎えるところです。

太平洋の大海原が目の前に広がり、
冬でもサーファーが集まるところでもあります。

行ったのは4日と5日。
白間津の畑には満開の花たちが並んでいます。
花.jpg

花 全景.jpg
オレンジの花はキンセンカ。
アップで見ると
キンセンカ.jpg

花はそろそろ終盤。 ストックが見ごろを過ぎてきた畑も見かけました。
菜の花も咲いていて春真っ盛り。
一面のお花畑に歓声を上げる人たち。

花摘みもできて子供ははしゃぎまわっていました。



posted by しんちゃん at 16:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ブログヘッダーの変更

3月になりました。
比較的静かな冬の日常から、急に活動が始まる季節です。
卒業式を迎え新生活へと旅立つ方たちもいます。
そんな希望を感じる季節として菜の花はぴったりです。
菜の花 伊良湖岬.jpg
この写真は、山口県に向かう途中立ち寄った伊良湖岬。
2月のはじめにもう菜の花は満開に近く、艶やかな
明るい彩りです。

フェニックスが3本、暖かな気候の地域性が
よく出ています。

****************************************
最近の話題では、
2日前、ウグイスの鳴く声を聞きました。
今年初めて聞く、ウグイスの鳴き声はとても上手でした。
どこかで練習をしてきたのかもしれません。
警戒心が強いウグイスが人の出入りが多い、マンションの
近くにいるとは?  ちょっと驚きですが鳴き声を聞いていると
春が来た実感がわいてきます。

春よ来い ♪  早く来い ♪・・・・・



posted by しんちゃん at 09:21| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする