2016年02月25日

淡い雪

朝起きて外を見るとうっすらと雪が積もっていました。
道路は溶けていて積雪にはなっていなかったのですが。

春はやはりすぐに来ることはないですね。

春の雪.jpg

 民家の屋根がうっすらと白くなっているのがわかりますか?
この程度の雪なのですが。

真冬の寒さになっているようでインフルエンザも流行しているようです。

気温の変動が激しいのでご自愛ください。




posted by shinkai at 15:50| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ブログのヘッダ変更

梅の花が香る季節です。
ブログのヘッダーを変更いたします。
201603.jpg

花爛漫の梅園。
紅梅と白梅に色を添えるようにレンギョウの
黄色い花が咲いています。

もうすぐ弥生。
一気に春が進む頃です。

寒い季節に頑張った受験生に、花咲く春が
来ますよう祈っています。
春よ来い!






タグ:梅の花
posted by shinkai at 15:07| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

日本カメラNCフォトシリーズ33

日本カメラ社 NCフォトシリーズ33が
本日発売となりました。
日本カメラNC33.jpg
「写真は画面構成で決まる」 
 フレーミング+レンズ など6点(12ページ)で
私の写真と記事が掲載されています。
写真は6点、すべて昨年撮影したものです。

書店等でご覧いただけると幸いです。






posted by shinkai at 11:15| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

多摩川の朝

多摩川が朝焼けの空を反射して赤く焼けました。
この位置から赤く川が焼けるのは2月から3月。
もうそんな季節なんだと過ぎ去る月日がとても早く感じてきます。
01.jpg

今朝の太陽は、廃棄物処理業の建物からでて
いる煙の上に見えます。
まるで煙に持ち上げられた太陽ですね。
02.jpg

暖かくなってゆくと、春霞が大きな太陽をつくり出していきます。
まだまだ寒い日が続くのに暦では春。
二十四節気では今は立春。

徐々にですが春はやってくるのですね。





タグ:朝日 多摩川
posted by shinkai at 15:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

第13回日本風景写真家協会展

私が所属しています 日本風景写真家協会では、
2年に一度定期写真展を開催しています。
今年は、3月10日〜3月16日
 会場:ポートレートギャラリー

13JSPA展.jpg

今回の写真展のコンセプト
日本風景写真家協会展は、1991年設立以来今回で13回目の写真展になります。この度の協会展は共通テーマを設けずに、各作家のオリジナリティーを重視した写真展になっております。それぞれの作家が得意とするテーマを基に撮影された、変化に富んだバリエーション溢れる写真の数々を展示します。


会期中に写真セミナーも行われます。
講師は斎藤友覧会長、萩原史郎さん、萩原俊哉さん という
豪華なメンバーのセミナーになっています。
詳しい内容は日本風景写真家協会のHPをご覧ください。

 下記よりご覧いただけます。  クリックしてください。



今回の案内はがき(DM) は私の写真です。
ぜひ写真展会場で全倍(60cm×90cm)の大プリントでご覧ください。
ご来場お待ちしております。






posted by shinkai at 06:45| Comment(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

雪の渓流

道路にかかる小さな橋の上から
川をのぞくと、雪が積もった谷に
ゆるやかな流れが見える。

耳を澄ますと瀬音が聞こえてきます。
雪におおわれた川は通常、あまり音は
聞こえないものだが、この川は
瀬音が響いてきます。
ざわざわとしていて心地よい瀬音
ではないようですが。
002.jpg

川のすぐ縁まで細いヒノキの林が
あり、楓の木だろうかそのわきに
一本雪化粧をしている。
逆光ぎみの光にその木は浮き出て見えます。
001.jpg

ヒノキの林の中は日陰になっていて、雪面は
青みを帯びて、とても素敵に感じる色彩です。

今日の天気は快晴 (7日)。
暖かな春を呼ぶ光になっています。
朝は寒かったけれど、やはり太陽の光は
温いなぁ〜。






posted by shinkai at 13:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

雨氷と光

雨氷という耳慣れない気象条件が各地で
被害を出しました。
霧氷なら直ぐ溶ける木に着いた氷もこの
雨氷ではなかなか溶けません。

しかし、光が射しこむとなんときれいな輝き
になることでしょう。
02.jpg
自然が作り出す芸術。 細い枝先まで氷りついています。

煌めきの光に寒さを忘れて見とれてしまいます。
01.jpg

あなたは冬の妖精ですか? 
ちょっぴり悪戯しすぎていますね。
この森だって、木の枝が折れているのを見かけます。
うっすらとやさしく氷りついてくれたらいいのにね。

でも、自然は思うようにならないもの。

 光がまぶしい。 光がきれい!
 キラキラキラ と・・・。






タグ:雨氷
posted by shinkai at 14:41| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする